記憶に残る光をつくりたい

DESIGNER

安東 克幸

Katsuyuki
Ando

世界に誇れる日本の建築の一端で、少しでも自分の力が発揮できればいいなと思っています。照明機能を満たし、建築や空間を美しく演出するには照明のソフトとハードを深く知る必要があります。プロダクトに始まりライティングで終わる仕事を突き詰めたいと思っています。

Policy
10年前に初めて訪れたミラノサローネでの感動からデザインが楽しくなりました。あのインパクトを自分も作ってみたいという想いが今日の原動力になっています。
Profile

住宅・店舗・大型施設の照明計画や製品の企画、展示会ブースのデザインを担当。

Product design

  • ・間接照明器具『宙華sorahana』シリーズ
  • ・ペンダント『LEVEL』シリーズ
  • ・SONY×DAIKO プロジェクト
Favorite
プライベートでは、もらってきた廃材を使って別のカタチに組み替えて遊んでいます。自宅の照明には自分がデザインしたものを使い、次のアイディアを模索しています。

彩りのある生活を光でつくる

DESIGNER

家元 あき

Aki
Iemoto

照明は夜の生活に必ず必要なものなのに明るければそれでいいと考えている方も多いと思います。家族が多いほど好みの光・明るさも違う。同じ家でも照明にこだわれば、ホテルのようにオシャレで落ち着いた雰囲気から生活に必要な明るさまで、色んなシーンをつくることができます。家族みんなが心地よく過ごせる空間を提案していきたいと思います。

Policy
家に帰って照明を点灯した時、ほっとするような空間をつくりたいと思っています。プランには必ず、「なるほど!」と言って頂けるような提案を1つ以上盛り込む事を意識してます。
Profile
全国の住宅展示場・個人邸を手がけ、照明セミナー・プラン研修なども行う。
Product design/間接照明器具『まくちゃん』『ひゃくまる君』
Publishing/「Healing Lighting 建築化照明でつくるグラデーション」幻冬舎(2012夏 発刊)
Favorite
週末は家族と一緒に楽しめる事を探して感性を磨くようにしています。舞台を観に行ったり山登りで自然に触れたり…娘の成長、そして祖母との生活の中で照明のあり方を考えるようになりました。

日々のインプットを明日のアイデアに

DESIGNER

若狹 直毅

Naoki
Wakasa

入社間もなく担当したLED器具は、所定の明るさを出すだけでも精一杯でしたが、今や特定物件のためのLED基板や専用LEDチップをつくるなど、DAIKO(と私)の対応力もあの頃に比べると格段に進化を遂げています。
主に担当するテクニカル器具に限らず、お客様が本当に望まれる1台をどんどん生んでいきたいですね。それが特注の楽しさですから。

Policy
設計のアイデアや工夫は色々な光源や素材との出会いが欠かせません。整然と並んだクリアケースから顧客要望に合うアイデアを選び、調合して形に。そんな美しく整理された脳が私の理想です。
Profile
大学時代に受けた照明や色彩の講義で照明の魅力に引きずり込まれました。こんなに面白い世界があるのかと。一度は建築業界に身を置いたのですが、今思えばその魅力をずっと忘れられずにいたのかもしれません。
Favorite
収納棚や自宅アプローチなど自分で“工事”しています。ホームセンターに行くとワクワクして、工具やネジなど片端から買いたくなります。時間さえあれば家まるごと自作してみたいくらいです。