SPICY LIGHTING DAIKO Import Collection

SLAMP

1994年に設立されたイタリアの照明会社。
SLAMPは最新のトレンドを捉えた装飾的なデザイン照明を専門にしており、自然・建築・美術・ファッションなどの要素をもとに、汎用的で味わい豊かな照明器具を手がけています。特許を取得したテクノポリマーを使用し、他の素材では実現できなかったオートクチュールのようなデザインを可能にしています。

PENDANT

ARIA GOLD / ARIA TRANSPARENTアリア

design / Zaha Hadid(ザハ・ハディド)

ザハ・ハディドによる光の建築は、幻想的で、流麗で、ダイナミックであり、デザイナーの革新的、象徴的意味を吹き込み、そこに存在するものと空間との調和を生み出す。技巧的でボリュームある形状と革新的な照明技術を融合させることで、大規模建築物の雄大さをもたらし、50の異なる「クリスタルフレックス®」の層が完璧な構成で照明を彫刻へと変容させる。

Zaha Hadid

ザハ・ハディド

1950-2016 イラク・バグダード生まれ。2004年にプリツカー賞(建築界のノーベル賞とされている)を受賞し、その構築的で理論的かつ学術的な作風で世界にその名を知られている。彼女のダイナミックで革新的なプロジェクトは、アーバニズム、建築、デザインといった分野における30年にわたる革命的と言えるような探求、研究から生み出されている。代表作には、イタリア国立21世紀美術館(MAXXI)や2012年のオリンピックで使用されたロンドン・アクアティクス・センター、シンシナティのローゼンタール現代アートセンター、中国の広州オペラハウスなど。
2010年と2011年には、彼女のデザインが、建築家にとっての最高の栄誉の1つである王立英国建築家協会によるスターリング賞を受賞。その他、UNESCOによる平和のアーティスト(Artist for Peace)指名、フランス文化省による芸術文化勲章授与、TIME誌による「世界で最も影響力のある100人」選出などがあり、2012年には女王エリザベス2世から大英帝国勲章第2位にあたるデイム・コマンダー章を授与されている。

PENDANT

AVIA WHITE / AVIA BLACKアヴィア

design / Zaha Hadid(ザハ・ハディド)

PENDANT

CHANTALシャンタル

design / Doriana E Massimiliano Fuksas(ドリアナ・フクサス/マッシミリアーノ・フクサス)

「シャンタル」は、錯覚の世界、つまり二次元の要素を無限に増殖する形状に変えようとする試みの中で生まれた。
その光は、輝く小さな水滴を残して海岸から引いていく波、彫刻のような形状は、独特の緻密なフレームから作られた複雑な蜂の巣のようである。同心で並んだ六角形の形状が、どこまでも続いているように見せている。

Doriana E

ドリアナ・フクサス

Massimiliano Fuksas

マッシミリアーノ・フクサス

ドリアナとマッシミリアーノ・フクサス率いるスタジオフクサスは、世界で最も優れた国際的建築事務所の1つである。過去40年にわたり、都市計画から空港、美術館、カルチャーセンターや音楽空間、コンベンションセンター、オフィス、インテリア、デザインコレクションまで、極めて多様なプロジェクトを革新的なアプローチで手掛けている。
ローマ、パリ、深圳に本社を構え、170 名の専門スタッフと共に、600を超えるプロジェクトを遂行。ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、アジア、オーストラリアで活躍し、数々の国際的な賞を受賞している。

FLOOR

CHARLOTTE FLOORシャーロット

design / Doriana E Massimiliano Fuksas(ドリアナ・フクサス/マッシミリアーノ・フクサス)

「シャーロット」は、錯覚の世界、つまり二次元の要素を無限に増殖する形状に変えようとする試みの中で生まれた。
その光は、輝く小さな水滴を残して海岸から引いていく波、彫刻のような形状は、独特の緻密なフレームから作られた複雑な蜂の巣のようである。同心で並んだ六角形の形状が、どこまでも続いているように見せている。

PENDANT

DESERT ROSEデザートローズ

design / Doriana E Massimiliano Fuksas(ドリアナ・フクサス/マッシミリアーノ・フクサス)

野性的でありながら繊細な花模様の石、砂漠の薔薇。複雑に層を成した軽やかなフォルム。
一枚の平面のシートを、優美な形状へと作り変えることで生まれた、幾何学的なリズムのあるデザイン。

PENDANT

VELI COUTUREベリ クチュール

design / Adriano Rachele(アドリアーノ・ラケル)

オートクチュールの世界にインスパイアされた優雅で柔らかな仕上げのセードに、赤いケーブルがモダンな印象を加えるペンダント照明。

Adriano Rachele

アドリアーノ・ラケル

1984年生まれ。2007年にインダストリアルデザインの学位を取得後、SLAMPの研究開発部門で活躍中。彼が作ろうとしているのは、テクノロジーや機能性、革新性と伝統や情感を併せ持つ、風刺の利いた、親しみやすい作品である。2010年には、自身の手がけたVELIプロジェクトによって、イタリアデザイン界最高の若き才能の一人として認められ、2012年にレッド・ドット・デザイン賞を受賞している。

PENDANT

CLIZIA FUME' / CLIZIAクリジア フューム / クリジア

design / Adriano Rachele(アドリアーノ・ラケル)

反射と透過の完璧なバランスが生まれるように組み合わされ、美しさと機能を兼ね備えている。
この照明は自然の姿に着目しており、まるで変化し始める朝日の光線を遮る雲や、隙間から光と影を通す梢のようである。

PENDANT

LIZA PRISMAリザ

design / Elisa Giovannoni(エリザ・ジョバンノーニ)

「レンティフレックス®」を用いた二重構成のセードにより、空間に奥行きと暖かさをもたらしている。

Elisa Giovannoni

エリザ・ジョバンノーニ

ステファノ・ジョバンノーニのパートナーであり妻であるボルデノーネ生まれのインダストリアルデザイナー兼インテリアデザイナー。デザイナーとして、「ジョバンノーニデザイン」や、アレッシィ、マジス、ビザッツア、ヴェネタ・クチーナ、ベルタゾーニ、ヴァイスヴァーサ、ボンダム等の企業と協働している。数々の賞やコンペティションにおける受賞歴を持ち、ドムスアカデミーとミラノ工科大学デザイン学部で講座を担当している。

FLOOR

BACHバック

design / Francesco Paretti(フランチェスコ パレッティ)

エレガントでありながら緻密に描かれた曲線を持つ「バック」は、スリムで洗練された彫刻のようであり、
どのような部屋にも流麗で直線的な躍動感と明るさをもたらしてくれる。

Francesco Paretti

フランチェスコ パレッティ

イタリア テルニ出身。ローマ大学ラ・サピエンツァにてインダストリアルデザインの学位を取得。著名なデザイナーやスタイリストらと共に、様々な企業向けの製品デザインを行う。1997年と1998年にはゴールドスミス賞「サン・ヴァレンティーノ・オーロ」(「聖ヴァレンティ金賞」)、2003年には国際的デザイン・コンペティションの「アプリリア・デザイン賞2002」(未来のスクーター)を受賞。過去には、ヴェローナの美術学校G.B.シニャローリや、ローマ大学ラ・サピエンツァのインダストリアルデザイン科(L.U.D.I.)で教壇に立ち、現在はローマのヨーロッパ・デザイン学院(IED)でインダストリアルデザインを教えている。彼の作品は、数多くのデザイン展覧会に出展されている。

SLAMP PRODUCT INDEX

クリックすると詳細を確認・ダウンロードできます。

◎お問い合わせは最寄りの営業所まで