DAIKOも少しお役に立っています?

DAIKOの社会貢献

社会貢献のための募金活動や社会支援など、
幅広い活動を行っています。

「みんなの家」プロジェクト

~熊本地震復興支援~
益城町のみんなの家へ寄付を行いました

熊本地震の仮設住宅として県内最大のテクノ仮設団地で、入居者の意見を取り入れた交流施設「みんなの家」が完成し、晴れやかな天気の下、益城町「みんなの家」の完成式典が行われました。今回、大光電機(株)は熊本地震の復興支援の一環として、益城町「みんなの家」建設のため、1,000万円の寄付をさせて頂き、寄付事業者として、弊社社長 前芝辰二も式典に参加させていただきました 。

今回完成した「みんなの家」は約130m2。約70m2の集会スペースの他、テラスなども備えており、家庭菜園や学習スペース、2017年3月にはこどもの遊び場として100m2の庭も整備されます。

  • 益城町「みんなの家」
    設計:岡野道子建築設計事務所

  • 建築家 伊藤豊雄氏

  • 完成式典にて寄付事業者として前芝辰二社長

  • 熊本県の関係者の皆様と伊藤豊雄氏、
    岡野道子氏、前芝辰二社長

DAIKOは宮戸島月浜のみんなの家を寄贈いたしました

「みんなの家」とは「帰心の会」が進めているプロジェクト。東日本大震災の被災者の方々が憩い、復興について語り合う拠点の場となることを目指しています。平成26年8月にDAIKOの資金で東松島・宮戸島月浜公民館跡地に交流施設を建設いたしました。設計は妹島和世氏です。

※「帰心の会」とは、東日本大震災からの復興に向けて建築家ができることを考え、実行に移すために結成しました。伊東豊雄氏、山本理顕氏、内藤廣氏、隈研吾氏、妹島和世氏の5人で構成されています。

研究支援

iPS細胞研究基金

iPS細胞研究の成果を一日も早く社会に還元するための支援

ノーベル賞を受賞した京都大学の山中伸弥教授は、高い理想と溢れる情熱をもって、iPS研究所を運営されています。
当社は、その主旨に賛同し、毎年基金に寄附を実施しています。

海外支援

ハート・オブ・ゴールド(夏・歳末のたすけ“愛”募金)

元マラソン選手の有森裕子さんが、カンボジアの地雷により足を無くされた方や、貧困に苦しむ子どもたちへの生活支援をされているハート・オブ・ゴールドの趣旨に賛同し、毎年支援を行っています。
また、日本フォスタープラン協会を通じて2007年3月、タイのノンブアランプー県バン・ハイファイ小学校に校舎1棟の建設を支援。その翌年2008年5月には同校の子どもたちへ制服や学校かばん、靴、ノートなどの学用品支給を支援しました。

まちづくり支援

大阪市へLED防犯灯寄贈

大阪市の安心・安全なまちづくりに役立てていただけるよう、2013年より毎年大阪市へ防犯灯を寄贈しています。2015年には防犯灯を292台、2016年にも251台寄贈しました。街が明るくなったと大阪市より感謝状を贈呈されました。

■寄贈実績
・2013年100台
・2014年130台
・2015年292台
・2016年251台

合計   773台

取り組み一覧(2005~2016年)

年度 支援先
2005年 3月 日本赤十字社
8月 24時間テレビ「愛は地球を救う」
年末 日本赤十字社
2006年 3月 ユニセフ
8月 24時間テレビ「愛は地球を救う」
8月 フィリピン 衣類約500枚を寄贈
年末 (社)セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
2007年 3月 (財)日本フォスタープラン協会  タイ小学校建設
3月 ハート・オブ・ゴールド(代表理事 有森裕子)
8月 フィリピン 衣類約800枚を寄贈
9月 ハート・オブ・ゴールド(代表理事 有森裕子)
年末 ハート・オブ・ゴールド(代表理事 有森裕子)
2008年 3月 ユニセフ  JCDシンポジウム(東京・大阪)
3月 ハート・オブ・ゴールド(代表理事 有森裕子)
7月 (財)日本フォスタープラン協会  文房具一式
9月 フィリピン 衣類約500枚を寄贈
9月 ハート・オブ・ゴールド(夏のたすけあい募金+テピアセミナー書籍販売売上+セミナー募金)
2009年 1月 ハート・オブ・ゴールド(歳末たすけあい募金+温暖化防止器具販売売上より)
3月 ハート・オブ・ゴールド゙ JCDシンポジウム(東京・大阪)募金
5月 (財)日本フォスター・プラン協会(プラン・ジャパン) フィリピン小学校建設
7月 フィリピン 衣類約700枚を寄贈
7月 ハート・オブ・ゴールド(DAIKO+協力メーカー)
12月 ハート・オブ・ゴールド(歳末たすけあい+アーキテクトデザインセミナー+東京百人百灯セミナー)
2010年 4月 ハート・オブ・ゴールド JCDシンポジウム(東京・大阪)
6月 フィリピン 衣類約500枚を寄贈
9月 ハート・オブ・ゴールド(夏のたすけ“愛”募金)
12月 ハート・オブ・ゴールド(歳末たすけ“愛”募金+東京・大阪アーキテクトデザインセミナー他)
2011年 3月 東日本大震災 物資支援(トラック3便)
3月 仮設住宅用 照明器具提供
3月 ハート・オブ・ゴールド
3月 経営者漁火会 被災地義援金
3月 (社)関西経済同友会 被災地義援金
3月 ユニセフ 被災地義援金
4月 アジアンガーデン 被災地義援金
4月-9月 東日本大震災仮設住宅用照明器具支援
5月 桃・柿育英会 (安藤忠雄チャリティーセミナー募金)
6月 桃・柿育英会 (DAIKO社員・協力メーカー義援金)
9月 ハート・オブ・ゴールド(夏のたすけ“愛”募金+64期LZⅢ新製品発表会)
9月 「帰心の会・みんなの家」仙台市に建築支援金
10月 「鎮魂の森」福島県に森を 安藤忠雄代表
10月 フィリピン 衣類約300枚を寄贈
12月 福島県内慰霊碑修復支援 笹幸恵代表
12月 岩手県被災地4市 マスク寄贈協賛金
12月 ハート・オブ・ゴールド(歳末たすけ“愛”募金)
2012年 2月 「帰心の会・みんなの家」仙台市に建築支援金
2月 桃・柿育英会/東日本大震災遺児育英資金(東北復興支援 義援金)
4月 渋谷ハチ公盲導犬パレード支援
5月 会津本郷焼コーヒーカップ
6月 東北コットンタオル購入支援
8月 ハート・オブ・ゴールド(夏のたすけ“愛”募金+安藤忠雄先生セミナー+展示会他)
8月 会津野菜購入支援
8月 フィリピン 衣類約400枚を寄贈
9月 会津野菜購入支援
10月 家元本出版記念セミナー
12月 ハート・オブ・ゴールド(歳末たすけ“愛”募金+黒豆ツアー他)
2013年 4月 ダウン症聞くまっしシステム委員会
8月 会津野菜購入支援
9月 ハート・オブ・ゴールド(夏のたすけ“愛”募金)
9月 フィリピン 衣類約350枚を寄贈
10月 防犯灯100台寄贈 大阪市西成区へ
12月 ハート・オブ・ゴールド(冬のたすけ“愛”募金)
2014年 4月 会津流紋焼小鉢セット 2,000セット
4月 東北コットンタオル購入支援
4月 仙台博物館「奈良国宝 室生寺の仏たち」特別展 照明器具
8月 ハート・オブ・ゴールド(夏のたすけ“愛”募金)
8月 京都大学iPS細胞研究基金
8月 フィリピン 衣類約600枚を寄贈
8月 「帰心の会・みんなの家」宮城県東松島市に建築支援金
9月 会津野菜購入支援
9月 防犯灯130台寄贈 大阪市(天王寺区・阿倍野区・西区・浪速区)
10月 会津野菜購入支援
12月 ハート・オブ・ゴールド(冬のたすけ“愛”募金)
2015年 3月 京都大学iPS細胞研究基金(山中教授)
3月 「みんなの家」愛媛県今治市に改修工事建築支援金
7月 NPO法人ピーク・エイド ネパール震災基金(野口健氏主宰)
8月 防犯灯292台寄贈(累計522台寄贈) 大阪市(西区・鶴見区を除く22区)
8月 ハート・オブ・ゴールド(夏のたすけ“愛”募金)
9月 フィリピン 衣類約900枚を寄贈
12月 ペシャワール会(中村哲医師のパキスタン・アフガニスタン医療活動支援)
12月 ハート・オブ・ゴールド(歳末たすけ“愛”募金)
2016年 1月 全国ソロモン会
2月 「流れる雲よ」大阪実行委員会
2月 京都大学iPS細胞研究基金(山中教授)
5月 熊本地震 益城町 義援金
5月 熊本地震「救急隊 百人衆」義援金
6月 零戦里帰りプロジェクト 支援金
6・7月 「すずかちゃんを救う会」支援金
7月 防犯灯251台寄贈(累計773台寄贈) 大阪市(北区を除く23区)
9月 ハート・オブ・ゴールド(夏のたすけ”愛”募金)
9月 フィリピン 衣類約800枚を寄贈
12月 「みんなの家」熊本県 益城町へ建築支援金
12月 ハート・オブ・ゴールド(冬のたすけ”愛”募金)